歌が唄になったとき。

先日、海辺で開催されたイベントの帰り道に、企画やライブでもお世話になっている店に寄った。そしたら、たまたま、その店でずっと働いていたスタッフが退職するということで、送別会を催していた。まあ、焼酎呑ましてもらったりしているうちに、せっかくなので、歌う事になった。歌い慣れた歌だ。なぜだか、肝心のところで、歌詞が飛んでしまった。
すると、周りの人が歌い始めた。驚いた事になった。ワタシが作った歌が、唄になった瞬間だった。彼らが歌って行く。ワタシも歌う。
歌が唄になった一瞬の出来事。
ワタシなしで、唄はすっかり、夜に染み込んでいったよ。

話は違うけれど、最近、アキ・カウリスマキの映画に出てくる登場人物のようだと、よく言われる。
ワタシは、それを、誇りに思う。

No comments: